Px3Tool


Px3Tool SameFile

指定ディレクトリ以下に.javaファイルの同名が存在するか確認するソフトウェアです。

大人数や複数チームで開発を行った場合、ファイル名に同名がつけられる可能性が高まります。
チームが違えばpackageも違うので、生成物として問題は起きないです。
それは本当に保守性が高いでしょうか?
場合によっては意味があって同名かもしれません。その違いは明確に出来ますか?
そんな疑問から本ソフトウェアを作成しました。

同名をチェック、管理することで、
·共通化出来るものが発見出来るのでは?(役割でファイル名つけますから。)
·水平展開の管理に使えるのでは?
と考えています。
知らないより、知っている方が良いです。

ダウンロードと起動方法

Px3ToolSameFile.zip Ver 1.00

ダウンロードしたファイルをお好きな場所に解凍して下さい。インストールはこれだけです。
解凍ディレクトリ直下の「Px3ToolSameFile.jar」をクリックで起動します。

確認Java Version : 1.6 update 17

画面説明(使用方法)
SameFileスクリーンショット

ソースディレクトリ ソースファイルが格納されているディレクトリを選択
サブディレクトリを含む全ての「.java」ファイルが対象になります。
結果出力ディレクトリ 出力ファイル(テキストファイル)を出力したいディレクトリを選択
出力ファイル名 出力ファイル(テキストファイル)のファイル名
出力ファイル文字コード 出力ファイル(テキストファイル)の文字コードを選択
Check チェックを開始
出力ファイル内容

□[ SameFile.java ] ( 同ファイル数 : 1 )
ファイルのフルパス
:
:
[ 結果概要 ]
総ファイル数 : 2 純ファイル数 : 2

同名が存在する場合
·ファイル名の□が■になります。
·ファイルのフルパス箇所に複数並びます。
·純ファイル数が総ファイル数より少なくなります。

履歴

2010/2/7 Ver 1.00公開

お問い合わせ · バグ報告等

px3tool@cloudsquare.jp